GreenAir® Plaza セミナー

省エネ大賞 「省エネ事例部門」 経済産業大臣賞 受賞

地球温暖化対策における 建物設備管理者の役割

-京都駅ビル熱源空調設備更新プロジェクトを事例として-

2019年 7月31日(水) 14:30〜16:30(開場 14:00)

会場:City Lab TOKYO(シティラボ東京)
東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン6階・グリーン・エア プラザとなり


定員 50名様 参加費 無料!

※定員になり次第締め切らせて頂きます

第1部 講演 14:30〜15:30

【テーマ】
「地球温暖化対策における 建物設備管理者の役割」

【講師】
京都駅ビル開発株式会社
顧問 髙浦 敬之 様


第2部 トークセッション&質疑応答 15:40〜16:30

第1部の講演内容をベースにプロジェクトへの想いを、立場を超えて議論いただきます。

【パネラー】
京都駅ビル開発株式会社 顧問 髙浦 敬之 様
株式会社日建設計 エンジニアリング部門 アソシエイト 牛尾 智秋 様
高砂熱学工業株式会社 事業統括本部 顧問 高橋 哲夫
高砂熱学工業株式会社 事業開発部 課長 山口 淳志
【トークセッション進行】
高砂丸誠エンジニアリングサービス株式会社 カスタマー本部長 村上 俊博

熱源エネルギー費を年間で6割削減!

2016年8月、京都駅ビルでは、前年に着手した空調熱源設備の大規模な改修工事が完了しました。
この改修工事の前の2012年度と比較して、改修後の2016年度の建物の熱源エネルギー費は、年間で5億1000万円、約60%の削減をすることができました。
「コミッショニング」という仕組みを導入したことが、奏功したと語るこのプロジェクトの旗振り役、京都駅ビル開発株式会社の髙浦敬之様に、発注者としての果たすべき役割について講演いただきます。

講師紹介

髙浦 敬之 様

●1954年:大阪府生まれ ●1981年:日本国有鉄道(現JR西日本)入社 鉄道会社が所有する各種建物の保守および改良、駅舎の建設、駅ビル建物の保守及び改良、リーシング及び共同管理費等に関する業務に従事 ●2007年~2019年:京都駅ビル開発株式会社勤務 「京都駅ビルを100年維持するために」をキーワードとした建物ハードに関わる各種施策を実施


ご予約・お問い合わせ

以下のフォームのすべての項目にご入力の上、[確認]ボタンをクリックしてください。

 お名前▶ 
 会社名▶ 
 部署名▶ 
  役職▶ 
電話番号▶ 
 メール▶ 

ご連絡内容▶ 


高砂熱学工業株式会社 事業統括本部 営業統括部 FM・PM推進室 グリーン・エア プラザ事務局
共催:高砂丸誠エンジニアリングサービス株式会社


« 前の画面に戻る

お問い合わせ・ご相談

施設に関するお困りごとがある方は、ぜひお問合せください。

▽氏名

▽会社名・所属

▽ご連絡先(電話番号・メールアドレス)

▽ご連絡内容